ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ 第13番 第3楽章(第3楽章序奏) Op.27-1

Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.13 "Sonata quasi una fantasia" 3.Adagio con espressione

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:2分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
34069 1

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (188文字)

更新日:2019年2月16日
[開く]

第3楽章は、序奏の役割を持つようなアダージョ・コン・エスプレッシオーネ(4分の3拍子で変イ長調)の3部形式に、アレグロ・ヴィヴァーチェのロンド・ソナタ形式(4分の2拍子で変ホ長調)が続く。前者のアダージョは25小節であるが、中間部で属調に転じ、独立した楽章とも捉え得る。そして、続くロンド・ソナタ形式によるアレグロ・ヴィヴァーチェのコーダで、アダージョの主要主題が回想される。

執筆者: 齊藤 紀子