ベートーヴェン :ピアノ協奏曲 第4番 第3楽章 Op.58

Beethoven, Ludwig van:Konzert für Klavier und Orchester Nr.4  3.Satz Rondo - Vivace

作品概要

楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:10分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (278文字)

更新日:2021年2月5日
[開く]

Rondo Vivace

ト長調。2分の2拍子。ロンド形式。第2楽章はホ短調の主和音(e-g-h)で終わったが、そこから間髪入れずに同じ構成音をもつハ長調の主和音(c-e-g)で本楽章に流れ込む。また冒頭のeの同音連打は、第1楽章冒頭のh音の同音連打をも彷彿とさせる。緩徐楽章から雰囲気は一変して、付点リズムのロンド主題が躍動感をもって奏でられる。快活なロンド主題が跳躍進行であるのに対し、副次主題は順次進行を基盤としており、より旋律的でカンタービレな性格を有している。第1楽章と同様に、ベートーヴェンは本楽章のためにカデンツァ(35小節)を書き残している。

執筆者: 今関 汐里

ピアノ曲事典オーディション入選&参考動画(1件)

Music Boxのお勧め

楽譜 (0件)