ハイドン :ソナタ 第60番 第1楽章 Hob.XVI:50 op.79

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.60 Mov.1 Allegro

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:11分30秒
Logo keeponmusic ピティナ・課題曲チャレンジ2020:F級
  • クリックして画像を開く
  • tab
32252 1

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (212文字)

更新日:2020年2月9日
[開く]

第1楽章のハ長調はアレグロの4分の4拍子。冒頭の6小節間、左手は主音のみを奏するが、主題は活発な印象。第2主題(第34小節~)への移行部では、左手で奏する第1主題に右手の音階的な動きが伴う。展開部(第54小節~)では、この形が随所に見られる。フェルマータを経て続く再現部(第108小節以後)では、第1主題に手を加えられているが、その旋律線は明確に示される。この楽章は、ハイドンによる「オープン・ペダル」の指示で知られている。

執筆者: 齊藤 紀子