ハイドン :ソナタ 第53番 第1楽章 Hob.XVI:34 op.42

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.53 Mov.1 Presto

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
32235 1

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (409文字)

更新日:2020年2月9日
[開く]

第1楽章のホ短調はプレストの8分の6拍子。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせるもので、pによる上行形の分散和音の左手で開始する。そして、それに対する右手の合いの手は、登場する度に音域が上がっていく。この主題は8小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏する。第2主題(第30小節~)は、右手の3度ないしは6度の重音が特徴的で、ここでも上昇が際立っている。また、6小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏するところは、第1主題の手法と同じである。展開部(第46小節~)では、第1主題を中心としており、第2主題の要素は見られない。この展開部の終わりの部分では、第1主題の左右の手の役割が入れ替えられ、左手は主調の属和音へ向かって1オクターヴ以上の音域を、3度で下降する。そして、その属和音にフェルマータが付され、再現部(第79小節~)へと続く。この再現部は、提示部を圧縮して再現している。

執筆者: 齊藤 紀子

楽譜 (8件以上)全件みる