ハイドン :ソナタ 第47番 第1楽章 Hob.XVI:32 op.14-6

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.47 Mov.1 Allegro moderato

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分30秒
著作権:パブリックドメイン
  • クリックして画像を開く
  • tab
32217 1

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (162文字)

更新日:2020年2月9日
[開く]

第1楽章のロ短調はアレグロ・モデラートの4分の4拍子。冒頭の2小節の右手は主音と属音を主体としたメロディーとなっている。一方、第2主題は半音階的な音の動きが特徴的である。展開部(第29小節~)では、主として第1主題が扱われ、その後、第2主題の要素である半音階的な音の動きを経て、属音を保続し、再現部(第48小節~)へと続く。

執筆者: 齊藤 紀子