ハイドン :ソナタ 第32番 第2楽章 Hob.XVI:44 op.54-1

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.32 Mov.2 Allegretto

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分00秒
著作権:パブリック・ドメイン
  • クリックして画像を開く
  • tab
32167 1

解説 (1)

解説 : 稲田 小絵子 (167文字)

更新日:2020年2月9日
[開く]

第2楽章:アレグレット、ト短調、3/4拍子。

トリルなどの装飾が活きた舞曲のような楽章。全体は大きく「A」「B」「A」「コーダ」に分けられる。B部分では、A部分で特徴的だった付点の弾むリズムが次第に控えられ、ニ長調に転調するとついには順次進行のなめらかな動きになる。コーダはB部分冒頭のト長調素材が用いられており、そのまま長調で終わる。

執筆者: 稲田 小絵子