ホーム > ピアノ曲事典 > ガーシュウィン > 創作主題による変奏曲「アイ・ガット・リズム」

ガーシュウィン :創作主題による変奏曲「アイ・ガット・リズム」

Gershwin, George:Variations on a original theme "I got rhythm"

作品概要

作曲年:1934年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:9分00秒

解説 (1)

総説 : 小崎 紘一 (425文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

「リズムを感じる。音楽が聴こえる。好きなひともいる。あと何が要るの?」

《ガール・クレイジー》の中で歌われ、1993年には同タイトルのブランニュー・ミュージカルがブロードウェイで発表されていることも手伝って、ガーシュウィンのメロディの中でも特に親しまれている。冒頭の歌詞にあるように楽しさ、嬉しさが溌剌と歌われており、例えばエセル・ウォータース(Vo.)によるレコーディングを聴くとかなり自由なスウィングが効かされている(ベニー・グッドマンらのジャズ・アンサンブルなどにおいても同様である)。

しかし《ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック》として編纂されたピアノ独奏版では、凡そピアノという楽器に忠実な曲想になっており、冒頭の主題を始めとして全体を通して伝統的とさえいえるクラシック音楽の筆致が見え隠れしていることに気付かされる。スウィング感を排し、楽音に込められた躍動を頼りに進んでいく、という態度はこの管弦楽を交えた変奏曲版にも通じるものがある。

執筆者: 小崎 紘一

編曲・関連曲(3)

鈴木 まりアイ・ガット・リズム(ガーシュウィン)

総演奏時間:3分00秒  Toka ステップレベル:応用3,発展3

ガーシュウィンアイ・ガット・リズム

総演奏時間:3分00秒  Toka ステップレベル:展開3

ガーシュウィンアイ・ガット・リズム

総演奏時間:1分00秒