ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ 第11番 第3楽章 Op.22

Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.11  3.Satz Menuetto

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:3分30秒
著作権:パブリック・ドメイン
  • クリックして画像を開く
  • tab
30726 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (183文字)

更新日:2019年2月16日
[開く]

(第3楽章)変ロ長調-ト短調 4分の3拍子 メヌエット

舞踏形式による楽章だが、この作品ではスケルツォではなくメヌエットを置いている。メヌエット主部は付点リズムと前打音つきの装飾的な音型によって構成されており、トリオの中間部は「短調Minore」と記されており、平行調のト短調へ転調する。絶え間なく動き回る16分音符の音型と第2拍目に強勢を置いた和音動機によっている。

執筆者: 岡田 安樹浩