ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ 第11番 第2楽章 Op.22

Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.11  2.Satz Adagio con molta espressione

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:9分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30725 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (199文字)

更新日:2019年2月16日
[開く]

(第2楽章)変ホ長調 8分の9拍子

和音の刻みの上に装飾的パッセージが展開されるAdagioの緩叙楽章。変ホ長調の主題と属調の変ロ長調による2つの主題をもつ。

中間部(第31小節~)では最初の主題を構成する動機が展開され、後半部分(第47小節~)では、両主題が主調である変ホ長調で再現される。

この調性プランと構成法は極めてソナタ形式に近く、緩叙楽章にソナタ形式を持ち込む試みが行われていることが伺える。

執筆者: 岡田 安樹浩