ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ 第13番 第2楽章 Op.27-1

Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.13 "Sonata quasi una fantasia" 2.Allegretto

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:2分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30713 1

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (169文字)

更新日:2019年2月16日
[開く]

第2楽章のアレグロ・モルト・エ・ヴィヴァーチェは4分の3拍子のハ短調で、前楽章と同じく3部形式による。この楽章はスケルツォの雰囲気を備えており、中間部では主調の第6音上の変イ長調に転じる。近親調以外への転調というこの点は、このソナタ全体がアタッカで奏されることと共に、ロマン派の傾向を先取りするベートーヴェンの姿を映し出しているといえる。

執筆者: 齊藤 紀子