モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第12番 第1楽章 K.332 K6.300k

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.12 Mov.1 Allegro

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:6分30秒
著作権:パブリックドメイン
  • クリックして画像を開く
  • tab
30510 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (317文字)

更新日:2019年3月5日
[開く]

第1楽章 ヘ長調 4分の3拍子

主要主題は、分散和音の流麗な動機と、3度の重音による付点リズムと同音反復が特徴的な角笛風の動機からなる。分散和音と下降音階による移行部(第23小節~)は、二短調、ハ短調を経て、ハ長調(属調)の副次主題(第41小節~)があらわれる。充填リズムが特徴的な移行部(第56小節~)、コーダ(第86小節~)を経て前半を閉じる。

後半(第94小節~)は主要主題の素材を用いてハ長調(属調)で開始され、続いて副次主題移行部の素材があらわれる。ハ短調、ト短調、二短調と転調を繰り返してヘ長調のドミナントへ至り、主要主題の主調再現(133小節~)が始まる。移行部を経て副次主題を主調で再現(第177小節~)して楽章を閉じる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる