モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第9(8)番 第2楽章 K.310 K6.300d

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.9 Mov.2 Andante cantabile con espressione

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:10分00秒
著作権:パブリック・ドメイン
  • クリックして画像を開く
  • tab
30505 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (184文字)

更新日:2019年3月5日
[開く]

第2楽章 ヘ長調 4分の3拍子 ソナタ形式

第1楽章のイ短調に対して、平行長調の下属調であるヘ長調が選択されている。

アンダンテ楽章であるが、2部分制で、属調の副次主題(第15小節~)とその主調再現(第68小節~)をもっており、明確なソナタ形式である。しかし、音階や装飾的なパッセージに彩られており、これまでのソナタの中間楽章と性格的には同様の傾向を示しているといえよう。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる