モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第14番 第2楽章 K.457

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.14 Mov.2 Adagio

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:7分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30487 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (196文字)

更新日:2019年3月5日
[開く]

第2楽章 変ホ長調 4分の4拍子

主題が回帰するたびに変奏されるという、モーツァルトのクラヴィーア楽曲に典型的な緩叙楽章である。そして、属調主題(第8小節~)は半音階的装飾音を多く含んでいる。

最初の主題回帰(第17小節~)に続いて、下属調の変イ長調であらたな楽想があらわれる(第24小節~)。急速な音階の上下行や分散和音などを経て、さらなる装飾が施されたかたちで主題が回帰する(第41小節~)。

執筆者: 岡田 安樹浩