モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第7番 第2楽章 K.309 K6.284b

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.7 Mov.2 Andante un poco adagio

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:6分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30478 1

解説 (1)

執筆者 : 岡田 安樹浩 (281文字)

更新日:2019年6月19日
[開く]

第2楽章 ヘ長調 4分の3拍子

付点リズムが特徴的な主題による変奏曲。最初の変奏(第17小節~)では前打音や32分音符によって装飾が施される。属調のエピソード(第33小節~)をはさみ、第2の変奏(第45小節~)では主題の付点リズムが逆転し、音階パッセージによる装飾的変奏が施されるほか、旋律がオクターヴ化されて華やかさを添えるが、後半部分が省略されて属調のエピソード主題の変奏(第53小節~)となる。トリルをともなった付点リズムや16分3連音符によるバス声部による推進力にある変奏に続いて、さらに技巧的なパッセージを織り込んだ最後の主題変奏(第65小節~)となる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜

楽譜一覧 (8件以上)全件みる

システム障害中