ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 10.キエフの大きな門

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.10 "La grande porte de Kiev"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:6分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (2)

解説 : 伊藤 翠 (271文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

第9曲から休みなく続けられるこの曲は、キエフに建造されることとなった大門の設計図にインスピレーションを得たと言われている。《プロムナード》にも通じるどっしりとしたこの組曲の主題にはじまり、大きく盛り上がってゆく。すると突然、31小節目からは静かなコラール風の音楽が流れる。これは、親しかった友人ハルトマンと、その才能への賛美の歌なのかもしれない。冒頭の主題とこのコラール風の主題は壮大な変奏を繰り返しながら折り重なっていき、最後にもう一度、冒頭の主題がこれまでにないエネルギーを放出させるかのようなコーダ部分となって、組曲の大きな幕を閉じる。

執筆者: 伊藤 翠

解説 : 齊藤 紀子 (375文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜 (0件)