ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 10.キエフの大きな門

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.10 "La grande porte de Kiev"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:6分00秒

解説 (2)

解説 : 齊藤 紀子 (375文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

<にわとりの足の上に建つ小屋(バーバ・ヤガー)>からアタッカで続けられる。この曲のインスピレーションを得たと考えられているガルトマンの下絵では、スラヴ風のかぶと型の丸屋根をした、古ロシア的石造り様式のキエフ市のための門が描かれている。しかし、この設計図は、結局、具現されることはなかった、尚、スケッチや水彩画のみならず、舞台装置や衣装のデザインも手かげたガルトマンの本職は、建築家であった。アレグロ・アッラ・ブレーヴェ・マエストーソ・コン・グランデッツァの指示がある。組曲中最も規模が大きく、音楽内容も雄大なものと言えよう。全体的に、重厚な和音によって響きが生み出され、オクターブも多用される。後半からは、メーノ・モッソ・センプレ・マエストーソとなり、終結部分では、グラーヴェ・センプレ・アッラルガンドとなり、壮大な響きをもって組曲全体を締めくくる。

執筆者: 齊藤 紀子

解説 : 佐藤 翠 (271文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。