ホーム > ムソルグスキー > 組曲「展覧会の絵」 > 9.鶏の足の上に建っている小屋

ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 9.鶏の足の上に建っている小屋

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.9 "Die Hutte auf Huhnerfussenen (Baba-Jaga)"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:3分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (2)

解説 : 伊藤 翠 (256文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

一見奇妙な題名だが、原画は時計のデザイン画で、グロテスクな鶏の二本足が台をふまえていて、その上にバーバ・ヤガーの小屋が建っているというものだ。バーバー・ガヤーもまたロシアのおとぎ話に登場する魔女のことで、ムソルグスキーはこの魔女についても空想を膨らませているようだ。

冒頭、音楽はたたきつけるような鋭い動機ではじまる。やがてその力は持続的に大きくなり、和音の連打による激しい主題となる。怪しげな時計が時を刻んでいるようにも思われるが、魔女という不気味な存在も、この曲全体のテーマとして独特な世界観を作り上げている。

執筆者: 伊藤 翠

解説 : 齊藤 紀子 (339文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜 (0件)