ホーム > ムソルグスキー > 組曲「展覧会の絵」 > 6.ザムエル・ゴルデンベルクとシュムイル

ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 6.ザムエル・ゴルデンベルクとシュムイル

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.6 "Samuel Goldenberg und Schmuyle"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:2分20秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (2)

解説 : 伊藤 翠 (248文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

「ふたりのユダヤ人~太った男と痩せた男」という副題がついているとおり、裕福で傲慢な男ゴルデンベルクと、貧しく卑屈な男シュムイレの会話を描写した作品である。ユダヤ人の典型的な名前をもった二人と、この曲のみドイツ語表記となっているところが興味深い。

まず、威張りぶったような冒頭の主題は、ゴルデンベルクであろう。その後9小節目から、細かい音符でぺちゃくちゃと喋り出すのが、シュムイレである。やがて低音に威圧的なゴルデンベルクの声(15小節目〜)が鳴り響き、シュムイレを圧倒してしまう様子が描かれている。

執筆者: 伊藤 翠

解説 : 齊藤 紀子 (217文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜

楽譜一覧 (1)