ホーム > ムソルグスキー > 組曲「展覧会の絵」 > 6.ザムエル・ゴルデンベルクとシュムイル

ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 6.ザムエル・ゴルデンベルクとシュムイル

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.6 "Samuel Goldenberg und Schmuyle"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:2分20秒

解説 (2)

解説 : 齊藤 紀子 (217文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

<卵の殻をつけたひなどりのバレエ>からアタッカで続けられる。この組曲が書かれた当時のサンクト・ペテルブルクでは、ザムエル・ゴルデンベルクは裕福なユダヤ人の典型的な名前であり、一方、シュムイレは貧しいユダヤ人の典型的な名前であったとされている。アンダンテ・グラーヴェ・エネルギコのこの曲では、付点と連音符が巧みに組み合わされたリズムが特徴的である。また、単音の連打やオクターヴに重ねられた連打も独特の雰囲気を醸し出すことに寄与している。

執筆者: 齊藤 紀子

解説 : 佐藤 翠 (248文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。