ホーム > ムソルグスキー > 組曲「展覧会の絵」 > 5.卵の殻をつけたひなどりのバレエ

ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 5.卵の殻をつけたひなどりのバレエ

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.5 "Ballet de poussins dans leurs coques"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:1分20秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (2)

解説 : 伊藤 翠 (225文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

第4曲の悲しげな余韻を受け継いだプロムナード、その終結部にはこの作品の動機である「ひなどり」の鳴き声が予感のように奏され、この作品に続く。今日、この組曲中で最も親しまれ演奏される機会の多い作品である。この作品の原画は、バレエ《トリルビ》の衣装デザイン画であるとはっきりしており、音楽もきわめて描写的なものになっている。冒頭での主題はひなどりの鳴き声と小刻みな動きが表現されており、後半のトリオ部分では、バレエ音楽のようなユーモラスな響きとなっている。

執筆者: 伊藤 翠

解説 : 齊藤 紀子 (181文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜 (0件)