ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 2.古城

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.2 "Il vecchio castello"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:4分10秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (2)

解説 : 伊藤 翠 (164文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

冒頭のものより幾分やさしげな《プロムナード》を挟んでから、場面は中世の幻想へと変わる。題名の通り「古城」の前で、吟遊詩人がリュートを奏でながら歌っているのだろう。初めから終わりまで、左手が奏す哀愁ただよう音型はリュートの音色そのものである。管弦楽版ではこの左手部分はファゴット、右手の甘美な旋律はアルトサックスで演奏されている。

執筆者: 伊藤 翠

解説 : 齊藤 紀子 (119文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜

楽譜一覧 (1)