ムソルグスキー :組曲「展覧会の絵」 1.小人

Mussorgsky, Modest Petrovich:Tableaux d'une exposition  No.1 "Gnomus"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:3分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (2)

解説 : 伊藤 翠 (221文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

《プロムナード》の後に休みなく続けて奏される。グノムスとはロシアのおとぎ話に登場する小人の妖怪で、奇妙な格好で動き回りながら、地の底の宝を守っているという。この悪賢くいたずらっぽい小人は当時のロシア人たちに親しまれていた。ムソルグスキーの「グノムス」からはややグロテスクな印象を受ける。奇妙な足取りで歩き回る姿、地底のどこか陰鬱な雰囲気を描き出すような動機ではじまり、やがて重々しい音色となって彼らの痛ましい感情を描写しているかのようである。

執筆者: 伊藤 翠

解説 : 齊藤 紀子 (132文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

楽譜 (0件)