ベートーヴェン :11のバガテル 第11番 Op.119-11 変ロ長調

Beethoven, Ludwig van:11 Bagatellen Nr.11 B-Dur Op.119-11

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:バガテル
総演奏時間:1分40秒

解説 (1)

解説 : 鐵 百合奈 (465文字)

更新日:2019年10月6日
[開く]

Andante, ma non troppo 歩く速さで、しかしはなはだしくなく

Innocentemente e cantabile 無邪気に、そして歌うように

天使たちの合唱のような、崇高な曲。純真なコラール4小節をリピートした後、第5小節目からの第2部分はヘ長調(属調)に転調し、優しいほのかな香りと、懐かしい心地を感じる。第910小節の16分音符は、pからさらにdim.してppになり、祈りが天に昇ってゆく。第11小節目から第3部分となり、molto cantabile(とても歌うように)と念押しのようにカンタービレが再度指示される。この箇所は弦楽的な響きを想像させる(右手の高音はヴァイオリンの泣きそうな切ない音色に似合うだろうし、左手の8分音符の重音もヴィオラとチェロで奏すると温かく優しい空気を醸し出すだろう)。また、この旋律は第78番で現れた木霊(こだま)のメロディーの断片の音価を2倍にし、変容させたものである。コーダの4小節間(第19小節目~)は再びコラール風の響きに戻り、慈愛に満ちた静かな終わりを迎える。

執筆者: 鐵 百合奈
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)