ベートーヴェン :11のバガテル 第8番 Op.119-8 ハ長調

Beethoven, Ludwig van:11 Bagatellen Nr.8 C-Dur Op.119-8

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:バガテル
総演奏時間:2分00秒

解説 (1)

解説 : 鐵 百合奈 (336文字)

更新日:2019年10月6日
[開く]

Moderato cantabile 中庸の速さで、歌うように

秀逸な短編小説のような小品で、いくつもの多彩な要素や複雑な素材が盛り込まれていながら、品よくまとめられている。前半(第18小節目)は“molto ligato”「極めて滑らかに(ベートーヴェンはlegatoligatoと書いた)」で、半音階的にせり上がる。弦楽四重奏の音色を想像しながら、なるべく音を保持して、打鍵時のアタックを感じさせないように弾くと良いだろう。第912小節はコラール風の響きがあり、広い空間を感じさせる。第13小節目からは、前曲(第7番)の木霊する断片的な旋律が見え隠れする。第17小節から最後にかけての4小節間は、左手が三度の重音で登っていき、右手がそれを引き受け、微笑んで収まる。

執筆者: 鐵 百合奈
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0件)

現在楽譜は登録されておりません。