ベートーヴェン :11のバガテル 第4番 Op.119-4 イ長調

Beethoven, Ludwig van:11 Bagatellen Nr.4 A-Dur Op.119-4

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:バガテル
総演奏時間:2分00秒

解説 (1)

解説 : 鐵 百合奈 (349文字)

更新日:2019年10月6日
[開く]

Andante cantabile 歩く速さで、歌うように

三声による対位法で書かれ、ヴァイオリン、ヴィオラとチェロの弦楽三重奏を彷彿とさせる。ベートーヴェンは弦楽三重奏曲を5曲(ヴァイオリン2挺とチェロによる編成のものも含めると6曲)、1794年から1798年にかけて書いており、この第4番が作曲された年代(1800年~1804年)に比較的近い。三声体は、弦楽三重奏の響きを念頭に書かれたのではと想像しても、あながち的外れではないだろう。

構成はシンプルな二部形式。上声が素朴な民謡風の旋律を歌い出すと、中声が6度で調和し、続いて低声も対旋律を奏でる。後半は中低声が支えるハーモニーの上で、上声が無邪気に遊ぶ。日常生活でふと見上げた空に心を洗われるような、ささやかな幸せがあたたかく掬いとられている。

執筆者: 鐵 百合奈
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)