ショパン :エチュード集(練習曲集) 第4番 Op.25-4 CT29 イ短調

Chopin, Frederic:12 études Etude No.4 a-moll Op.25-4 CT29

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分50秒
ピティナ・ステップレベル:展開1,展開2,展開3
  • クリックして画像を開く
  • tab
22817 1

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (302文字)

更新日:2019年8月7日
[開く]

イ短調、2分の2拍子、Agitato

跳躍の練習のための作品。右手は裏拍でオクターヴを含む三和音、左手は拍頭の低音と裏拍の重音(あるいは三和音)の跳躍を正確に打鍵することが求められる。

アルフレッド・コルトーは、この練習曲集の改訂版でこの作品のテクニックについて「一見同じような形であるにも拘わらず、リズムと表情は細かい点に於いて多様」であるとし、この作品から奏者が、そしてスタッカートやポルタメント、レガートなどの様々な奏法を習得できると説明している。

コルトーの言うように、9小節目以降は、左手、右手の内声をそれまで通りにスタッカートで弾きながら、右手最上声部の旋律をいかにレガートで演奏するかが鍵となる。

執筆者: 今関 汐里

楽譜

楽譜一覧 (17)