バッハ :アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳 第2巻 チェンバロ独奏曲 BWV Anh.129 変ホ長調

Bach, Johann Sebastian:Das zweiten Notenbuch für Anna Magdalena Bach Solo per il cembalo Es-Dur BWV Anh.129

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:3分10秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用7

楽譜情報:8件
  • クリックして画像を開く
  • tab
22608 1

解説 (1)

解説 : 林川 崇 (317文字)

更新日:2020年5月2日
[開く]

アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳に書き込まれた曲の中には、バッハの息子たちの少年時代の作品も含まれており、次男エマヌエルの作品も6曲ある。

その中で恐らく最後に書かれたこの曲は、左手の対位法的な処理、右手の旋律における3連符、シンコペーション、逆付点などの多彩なリズムの他、第1719小節では、短調と長調を揺れ動く和声が使われ、繊細な感情表現が成されている点も注目される。これは父バッハもしばしば用いた手法で、後にエマヌエルの代名詞ともなった「多感様式」をも予感させる。

勿論、清書される以前に父による指導や添削はあっただろうが、それでも若いなりに趣向を凝らした曲となっており、音楽帳の他の5曲と比べて格段の成長振りを窺わせている。

執筆者: 林川 崇

楽譜 (8件以上)全件みる