ホーム > バッハ > 2台のチェンバロのための協奏曲第1番 ハ短調

バッハ :2台のチェンバロのための協奏曲第1番 BWV 1060 ハ短調

Bach, Johann Sebastian:Konzert für 2 Klaviere mit Begleitung von 2 Violinen, Viola und continuo Nr.1 c-moll BWV 1060

作品概要

作曲年:1736年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:14分30秒

解説 (1)

総説 : 木暮 有紀子 (230文字)

更新日:2014年1月20日
[開く]

が16分音符のパッセージを弾く。その一方で、第1チェンバロの左手部分と第2チェンバロが掛け合いになっている。こういった掛け合いの手法も、2台の鍵盤楽器の協奏曲ならではと言えるだろう。

第2楽章 変ホ長調、アダージョ、8分の12拍子。

この楽章では雰囲気が一変し、歌うような旋律を2台のチェンバロが交互に弾き交わす。弦楽器は、ピッツィカートで伴奏する。

第3楽章 ハ短調、アレグロ、4分の2拍子。

リトルネロ形式。音の跳躍が特徴的な主題。楽曲全体が。躍動的な印象である。

執筆者: 木暮 有紀子

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:5分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:5分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:3分40秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)