ショスタコーヴィチ :24のプレリュードとフーガ 第23番 Op.87-23 ヘ長調

Shostakovich, Dmitry Dmitrievich:24 Preludes and Fugues No.23 F-Dur Op.87-23

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:6分00秒
著作権:保護期間中

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (264文字)

更新日:2021年1月9日
[開く]

前奏曲(アダージョ、1951年2月20日完成)は簡潔な三部形式による。主部の主題はターンを含んだ旋律による擬古典的なもので、瞑想的な静けさを湛えている。中間部ではターンの旋律が左手へと移り、転調と不協和音により緊張感が高まるが、再び主部の静けさへと回帰していく。

フーガ(3声、モデラート・コン・モート、1951年2月23日)の主題は素朴で優しげなもの。一方、対唱は急速な8分音符を軸としており、楽曲を駆動させている。とはいえ全体的に激烈なクライマックスはもたず、前奏曲から引き継いだ穏やかで抑制された雰囲気を終始貫く楽曲である。

執筆者: 山本 明尚
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)