ショスタコーヴィチ :24のプレリュードとフーガ 第22番 Op.87-22 ト短調

Shostakovich, Dmitry Dmitrievich:24 Preludes and Fugues No.22 g-moll Op.87-22

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:5分30秒
著作権:保護期間中

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (342文字)

更新日:2021年1月9日
[開く]

静かだが緊迫感に満ちた前奏曲(モデラート・ノン・トロッポ、1951年2月17日完成)の旋律部分は、絶え間なく続く2音ずつに区切られた脈打つような「ヤンブスの一度」に支配されており、そのモノトーン的な様式は練習曲的とも言えよう。同じく前奏曲的な前曲の変ロ長調の前奏曲では、伴奏型の変化による曲調の移り変わりが聞かれたが、本曲は旋律と伴奏の声部の交換こそあれ、全体として均質な薄暗い雰囲気に満たされている。

三拍子の素朴で叙情的な主題によるフーガ(4声、モデラート、1951年2月18日完成)は、当時のソ連の聴衆にとってはロシア民謡を思わせるようなものだったようである。8分音符のパッセージによる対唱は、語りかけるような主題に寄り添うようで、あくまで伴奏的な役割に徹しているように聞こえる。

執筆者: 山本 明尚
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)