ショスタコーヴィチ :24のプレリュードとフーガ 第13番 Op.87-13 変ト長調

Shostakovich, Dmitry Dmitrievich:24 Preludes and Fugues No.13 Ges-Dur Op.87-13

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:7分00秒
著作権:保護期間中

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (256文字)

更新日:2021年1月9日
[開く]

前奏曲(モデラート・コン・モート、1950年12月20日完成)は、最上声で奏でられる伸びやかな旋律と、それにこだまする伴奏和音のやりとりで全体が構成されており、ロマン派的な和やかさと情緒が感じられる。

フーガ(5声、アダージョ、1950年12月22日完成)は言葉少なで音程の幅も狭い、落ち着いた主題による。曲集のうち唯一の5声のフーガということもあり、楽曲のほぼ半分が三段譜で記譜されるほどのテクスチャを誇る。特に楽曲後半のストレッタでは主題の圧縮、同時の提示により、ゆるやかだが着実にクライマックスを築いていく。

執筆者: 山本 明尚
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)