ショスタコーヴィチ :24のプレリュードとフーガ 第11番 Op.87-11 ロ長調

Shostakovich, Dmitry Dmitrievich:24 Preludes and Fugues No.11 H-Dur Op.87-11

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:3分30秒
著作権:保護期間中

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (282文字)

更新日:2021年1月9日
[開く]

前奏曲(アレグロ、1950年12月9日完成)は、おどけた喜ばしい楽曲。伴奏の音型は祭で演奏されるバグパイプや太鼓を連想させる。それまでの穏やかな喜ばしさは、終盤で唐突に遠隔調での断片的なコラールが差し挟まれることで中断されるが、すぐにロ長調の元の曲想に戻り、フーガへと導かれる。

フーガ(3声、アレグロ、1950年12月11日完成)は、弾むようなスタッカートとシンコペーションに満ちた楽しげな主題による、急速で活き活きとした楽曲。4小節に渡る16分音符が主となる対唱や、4分音符のアクセントを含んだ信号音的な楽句も、エネルギッシュな主題にさらなる推進力を与えている。

執筆者: 山本 明尚
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)