ショスタコーヴィチ :24のプレリュードとフーガ 第6番 Op.87-6 ロ短調

Shostakovich, Dmitry Dmitrievich:24 Preludes and Fugues No.6 h-moll Op.87-6

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:5分30秒
著作権:保護期間中

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (304文字)

更新日:2021年1月9日
[開く]

対位法的に構成されている前奏曲(アレグレット、1950年11月2日完成)は、全曲を通じて鋭い付点音型で貫かれている。このリズムとロ短調という調性、さらには減七和音の用法により、音楽は強い情動を帯び、劇的な印象も受ける。

前奏曲の末尾の下行音型とピアニッシモにより、フーガ(4声、モデラート、1950年11月9日完成)の深淵を覗くような暗い主題が導かれる。最低音部で演奏される主題は2分音符と4分音符による息の長い前半部分と8分音符と16分音符の細かな音型による後半部分に分かれており、対主題もそれらと同様の要素によって紡ぎ出されていく。楽曲全体の複雑に入り乱れたテクスチャは、それによって生み出されているいる。

執筆者: 山本 明尚
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)