ホーム > シューベルト > 即興曲集 > 第2番 変イ長調

シューベルト :即興曲集 第2番 D 935 Op.142-2 変イ長調

Schubert, Franz:Impromptus  No.2 As-Dur Op.142-2

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:即興曲
総演奏時間:7分30秒
著作権:パブリック・ドメイン
Logo keeponmusic ピティナ・課題曲チャレンジ2021:F級
  • クリックして画像を開く
  • tab
21492 1

解説 (1)

解説 : 髙松 佑介 (301文字)

更新日:2019年4月8日
[開く]

第2曲:アレグレット、変イ長調、4分の3拍子

 舞踏的な4分の3拍子を取り、メヌエット楽章のように主部―トリオ部―主部のダ・カーポから成る。

 変イ長調の主部は三部形式を取り、弱音の両端部と強音の中間部という強弱によって対比される。

 三連音によって動きが創り出されるトリオ部では、主部を特徴づけていた舞踏の基本リズムが引き継がれるのみならず、さらに二拍目が強調される。トリオ部内も三部形式を取り、変ニ長調で弱音の両端部と、変ニ短調で強音の中間部がコントラストをなしている。通例ではトリオ部より主部に重きが置かれることが多いため、トリオ部に主部と同等の規模を持たせ、イ長調のクライマックスを置く構想は斬新だ。

執筆者: 髙松 佑介