ショパン :エチュード集(練習曲集) 第10番 Op.10-10 CT23 変イ長調

Chopin, Frederic:12 études Etude No.10 As-Dur Op.10-10 CT23

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:2分30秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:展開1 展開2 展開3

楽譜情報:15件
  • クリックして画像を開く
  • tab
20775 1

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (324文字)

更新日:2019年8月7日
[開く]

1830~32年作曲。

ワルシャワのショパン博物館に自筆譜が所蔵されている(D/21)。

変イ長調、8分の12拍子、Vivace assai

右手の6度の重音、左右で異なるアクセントを適切に演奏するための作品。単音と重音が交互に現れる右手は、単に、重音を正確にとらえるテクニックだけではなく、上声と内声の横の流れを意識することが重要となる。左手の分散和音を正確に、そして冒頭の指示通り「legatissimo」で弾くためには、手首と肘の柔軟性とペダルの微細な操作も必要不可欠である。

煌びやかな主題は、まずレガート、その後13小節目からはスタッカートで提示される。中間部では転調が繰り返されたのち、54小節目から冒頭の主題が回帰し、煌びやかに終止を迎える。

執筆者: 今関 汐里

楽譜 (8件以上)全件みる