ホーム > 山田 耕筰 > 童謡百曲集

山田 耕筰 :童謡百曲集

Yamada, Kōsaku:*in preparation*

作品概要

楽器編成:歌とピアノ 
ジャンル:曲集・小品集

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (231文字)

更新日:2013年7月22日
[開く]

「童謡百曲集」は山田耕筰が30代後半から40代にかけて書かれ、1927から29年にかけて刊行された。「童謡」と名付けられてはいても子供が歌うには難解で、おとなが幼い頃を振り返ったり、小さな子供をみつめる視線が感じられる。 「烏の番雀の番」では、目が合ってしまい相手の動きが読めずに立ちすくむ烏と雀の様子が歌われる。

海坊主小坊主とは、海に住むと言われる妖怪のこと。

夜間に現れ、それまで穏やかだった海面が突然盛り上がり黒い坊主頭の巨人が現れて、船を破壊するとされる。

楽章等 (2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)