ホーム > 湯山 昭 > こどものせかい

湯山 昭 :こどものせかい

Yuyama, Akira:KODOMO NO SEKAI

作品概要

初出版社:カワイ楽譜出版社
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:子供のための作品

解説 (2)

解説 : 須藤 英子 (497文字)

更新日:2018年4月24日
[開く]

《こどものせかい》は、1976~1977年にかけて作曲された、34曲から成るピアノ作品集で ある。1967年に湯山が初めて発表した子どものためのピアノ曲集《こどもの国》同様、手の小さい子どものために、オクターヴ奏法を使わずに書かれている。難易度は、バイエルからソナチネ程度。手の交差や拍子の変化など、各種テクニックも盛りこまれている。

湯山は、一人で過ごすことが多かった子ども時代の記憶を辿りながら、「遥かな少年時代への賛歌」としてこの曲集をまとめた。「日本の子どもたちに日本人の感性を」という想いを込 めて、子どもたちが体験する多様な場面や気持ちを描いている。題名にも〈おでかけするひ〉、〈どうして?〉、〈おねだり〉など、子どもの日々の暮らしからイメージできるものが多い。

湯山の子どものための作品には、「さまざまなリズム」や「現代的な和音の響きや日本の音の美しさ」、また「転調がもたらす色彩の変化」といった特徴がある。曲集中、特に第6、22番にはリズム、第20、34番には和風の響き、 そして第33番には転調の魅力がよく表れているだろう。曲集後半の作品には、発表会などでも映える曲が多い。

執筆者: 須藤 英子

About work(s) : 須藤 英子 (1371文字)

更新日:2018年4月24日
[開く]

楽章等 (34)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

ぼくのゆめ

総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)