ホーム > フランク > ゆるやかな舞曲

フランク :ゆるやかな舞曲 M.22

Franck, César:Danse lente M.22

作品概要

作曲年:1885年 
出版年:1886年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:3分10秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (249文字)

更新日:2008年6月1日
[開く]

1885年に作曲された。ル・ゴロワ誌に掲載される形で発表された作品。オルガニストとしてのフランクを存分に味わうことのできる対位法的な手法が特徴的である。なお、この曲は、フランクの生誕100年にあたる1922年に、ヴァンサン・ダンディが演奏している。

クァジ・レントのヘ短調、2分の2拍子。分散和音に基づくモティーフは、右手も左手も演奏する。このモティーフを右手が弾く時は、左手のシンコペーション、左手が弾く時は、右手の軽やかなスタッカートが添えられる。終結部分では、フランクらしい美しい音の綾が響く。

執筆者: 齊藤 紀子

楽譜 (0件)