ホーム > 湯浅 譲二 > 内触覚的宇宙

湯浅 譲二 :内触覚的宇宙

Yuasa, Joji:Cosmos Haptic

作品概要

作曲年:1957年 
初出版社:Schott
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

解説 : 飯田 有抄 (429文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

湯浅の創作活動における思想的スタンスとして、「始原」「起源」といった言葉が一つのキーワードとして重要な意味を持っている。もともとイギリスの美術評論家ハーバート・リードによる言葉である「内触覚的宇宙」をタイトルとしたこの作品も、音楽が発生する根源的な場に立ち返るという意味合いが込められている。湯浅は現在までに、このタイトルのつく作品を全部で五曲作曲しており、I とIIはピアノ、IIIは二十弦筝と尺八、IVはチェロとピアノ、Vはオーケストラのためにそれぞれ書かれている。

自らの「アーケオロジックな態度を宣言する」(作曲者によるライナー・ノート)最初の作品となったこの作品は、不協和ながらも柔らかな、テクスチュアの薄い音響が支配的。その中で、時折現われるユニゾンの明確な旋法的な旋律線や、スタッカートでのリズミカルな動機、木魂のような一音の反復など、さまざまな様相が繰り広げられる。

□□楽譜情報□□(2008年4月現在)

日本ショット「湯浅譲二:内触覚的宇宙1」

執筆者: 飯田 有抄
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0件)

現在楽譜は登録されておりません。