ホーム > ピアノ曲事典 > ピアソラ

ピアソラ 1921-1992 Piazzolla, Astor

Dummy

解説:齊藤 紀子 ( 251文字 )

更新日:2008年8月1日

アルゼンチンの作曲家。20世紀半ばに、アルゼンチン・タンゴを採り入れた作品を手がけ、自ら楽団の指揮やバンドネオンの演奏に取り組んだ。

1924年に渡米したピアソラは、アンドレ・ダキーラにバンドネオンの奏法を学んだ。1930年に帰国してからは、ブエノス・アイレスを中心に作曲と演奏に励んだ。1955年には、渡仏してナディア・ブランジェにも師事している。オルケスタやブエノス・アイレス八重奏団、ピアソラ五重奏団などを結成し、ジャズの演奏家とのコラボレーションをするなど、タンゴを通して多彩な活動を繰り広げた。

執筆者: 齊藤 紀子
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

歌とピアノ(1)

★ 種々の作品 ★(1)

その他(1)

組曲(1)