グルダ 1930-2000 Gulda, Friedrich

解説:ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (135文字)

更新日:2010年1月1日

ときとして「最後のウィーンのピアニスト」と呼ばれた。ジュネーヴ国際音楽コンクールで優勝後。ベートーヴェン等の古典派作品を中心としたレパートリーで活躍。その後1960ころよりジャズ演奏での活動を開始。以後、クロスオーバースタイルの先駆者としてジャンルをまたぐ活躍を見せた。

<続きを表示する>

作品(3)

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

ピアノ独奏曲 (1)

その他 (1)

組曲 (1)

組曲 組曲

作曲年:1970 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

演奏音源一覧(1)

ピティナ・チャンネル以外の動画 (1)