ホーム > ピアノ曲事典 > クリストフ・ジョヴァニネッティ

クリストフ・ジョヴァニネッティ Giovanietti, Christophe

5707
  • プロフィール (529文字)

  • パリ音楽院、ブカレスト音楽院に学び、さらにドイツでアマデウス四重奏団のもとで研鑽を積む。イザイ弦楽四重奏団(1984‐1995)、エリゼ弦楽四重奏団(1995‐2013)を創設、自ら第一ヴァイオリン奏者をつとめた。 これらのクワルテットによって、デッカ、ハルモニア・ムンディ、フィリップス、ジグーザグ、テリトワールでの録音を果たすとともに、ニューヨークのカーネギー・ホール、ウィーンのムジークフェライン、ザルツブルクのモーツァルテウム、ロンドンのウィグモア・ホール、クィーン・エリザベス・ホール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、パリのシャンゼリゼ劇場、東京のサントリー・ホールなど、世界各地の檜舞台に登場した。 室内楽奏者としては、オーギュスタン・デュメイ、シュロモ・ミンツ、マリア・ジョアオ・ピレシュ、ジャン=フィリップ・コラール、フランク・ブラレイ、ミシェル・ポルタルなど著名な音楽かと共演している。演奏活動と平行して、パリ国立高等音楽院教授として後進の指導にもあたっている。 かつてユーディ・メニューインは、クリストフ・ジョヴァニネッティの演奏を聴き、「私は、この天使のごとき音楽家のおかげで、人生における最もピュアな音楽的感銘を受けた」と述べた。 
    <続きを表示する>