ホーム > ピアノ曲事典 > 和田萌子・大田佳弘(ピアノデュオ)

和田萌子・大田佳弘(ピアノデュオ) Wada, Moeko/ Ota, Yoshihiro

5459

プロフィール

2008年に結成。現在までに数多くの演奏会に出演、またチャリティーコンサートにも積極的に参加している。その演奏は緻密で、特に交響曲のピアノ4手版の演奏において好評を博している。 ◆大田 佳弘 1981年生まれ。埼玉県出身。 埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科を首席で卒業、併せて安宅賞・アカンサス音楽賞・同声会賞受賞、同大学院音楽研究科修士課程修了。同大学院修了ピアノ演奏優秀者による、ベーゼンドルファージョイントリサイタル(浜離宮朝日ホール)に選出される。 第8回彩の国・埼玉ピアノコンクール高校生の部金賞受賞。第13回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第1位。第20回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクールにて優秀共演者賞受賞。 藝大学内のモーニングコンサート及び、新卒業生紹介演奏会にて藝大フィルハーモニアと共演。他、チューリッヒ青年交響楽団等、多くのオーケストラと共演。 ソロ・歌曲伴奏を中心に、CX系TVドラマ及びアニメ「のだめカンタービレ」の演奏指導、ピアノ音源を多数担当、「のだめオーケストラコンサート」に出演、2009年にはブダペスト春の音楽祭に招聘されるなど、多岐に渡る活動を行っている他、後進の指導にも力を注いでいる。 これまでにピアノを三木真弓氏、川辺千香子氏、財満和音氏に、歌曲伴奏をコンラート・リヒター氏に、ピアノソロ及びピアノデュオを角野裕氏に師事。 ◆和田 萌子 ドイツ、デトモルト市出身。二歳よりピアノを始める。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。 修了時ピアノ演奏優秀者による、ジョイントリサイタル(表参道カワイ、コンサートサロンパウゼ)に選出される。  茨城の名手・名歌手たち第9回出演。2005年第6回大阪国際音楽コンクール大学生部門2位(1位なし) 2008年第27回飯塚新人音楽コンクール2位。第37回茨城県新人演奏会新人賞受賞。 また、藝大在学中、藝大モーニングコンサートにて藝大フィルハーモニアと共演。 これまでに、ピアノを米川幸余氏、ピアノソロ及びピアノデュオを角野裕氏に師事。
<続きを表示する / 閉じる>

プロフィール : プロフィール (891文字)

更新日:2018年1月23日
[開く]