ホーム > ピアノ曲事典 > スメタナ

スメタナ 1824-1884 Smetana, Bedřich

155

解説:ピティナ・ピアノ曲事典編集部 ( 271文字 )

更新日:2010年1月1日

チェコの作曲家。ドイツ名はフリードリヒ(Friedrich)・スメタナ。ボヘミア最初の国民的大作曲家として知られる。ビール醸造者でアマチュアヴァイオリニストのフランチシェク・スメタナの11番目の子として生まれる。高校(ギムナジウム)時代にプラハに出て、リストの演奏に感銘を受ける。1856年からはスウェーデンでピアノ教師を務め、61年に帰国したのちチェコ語のオペラの作曲に着手、「売られた花嫁」「リブシェ」などを発表する。連作交響詩「我が祖国」を作曲中の74年に体調不良を訴え、次第に聴覚を失うが、84年に精神病院で亡くなるまで作曲を続けた。

<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(6)

曲集・小品集(9)

ポルカ(7)

室内楽(1)

ソナタ(1)