ホーム > ヴァーゲンザイル

ヴァーゲンザイル 1715-1777 Wagenseil, Georg Christoph

435
  • 解説:ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (296文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • 18世紀当時は作曲家、鍵盤楽器奏者として名高く、前古典派の様式で残した数々の作品は当時国際的に成功を収めた。モーツァルトやハイドンが彼の作品の価値を認めて演奏や研究を行い、そのほか当時の人々からヴィルトゥオーゾとして絶賛されていた。古典派様式の成立に多大な影響を与えたが、現在では演奏される機会がそんなに多くはなく、いまだ探求の余地を多く残している音楽家。

    ウィーンの宮廷役人の家庭に生まれ、宮廷奨学金を得る。フックス、マッテーオ・パロッタのもとで鍵盤楽器の演奏、作曲、対位法を学んだ。24歳で宮廷作曲家に任命され、生涯その職をまっとうしたほか、オルガニスト、宮廷鍵盤楽器教師としても活躍した。

    <続きを表示する>

    作品(2)