ホーム > ピアノ曲事典 > ホフマン

ホフマン 1776-1822 Hoffmann, Ernst Theodor Amadeus

319
  • 解説:齊藤 紀子 (342文字)

  • 更新日:2008年9月1日
  • ケーニヒスベルク大学で法律を専攻し、陪席判事や高等裁判所の判事を本職とした。その傍ら、小説家や音楽評論家、作曲家としての顔ももった。大学時代に法律と並行してピアノや対位法を学び、司法修習生時代にはベルリンで作曲をライヒャルトに師事した。戦争の影響で一時、判事の職を失った際には、バンベルクの劇場で音楽監督やセコンダ歌劇団の指揮者を務めた。ライプツィヒで刊行されていた『一般音楽時報』には、「ヨハネス・クライスラー楽長」の筆名でベートーヴェンの第5交響曲の批評などを寄稿していた。シューマンの《クライスレリアーナ》は、ここにインスピレーションを受けて生まれた。

    一般的には、作曲家としてよりも音楽の文筆家としての功績が評価され、近代の音楽批評の草分け的存在として位置づけられることもある。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    性格小品 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)