ホーム > 野平 一郎

野平 一郎 1953 Nodaira, Ichiro

  • 解説:須藤 英子 (371文字)

  • 更新日:2006年4月1日
  • 東京芸術大学および大学院を経て、給費留学生としてパリ音楽院に留学。その後IRCAMにて、電子音響音楽やコンピュータ音楽を学び、80年代フランス最先端の音楽的影響を強く受けた。洗練の極みとも言うべき繊細かつダイナミックなその音楽は、今なおヨーロッパでも高い評価を得ている。作曲家としてのみならず、ピアニストとしても活躍。柔軟かつ強靭なテクニックと深い洞察力を持って、現代音楽からクラシックに至る幅広い分野で、絶大な信頼を得ている。これまでに作曲を間宮芳生、永冨正之、ベッツイー・ジョラス、セルジュ・ニッグに、ピアノ及びピアノ伴奏法を高良芳枝、アンリエット・ピュイグ=ロジェ、ジャン・ケルネルに師事。東京芸術大学助教授を経て、現在静岡音楽館AOI芸術監督。武井賞、中島健蔵音楽賞、尾高賞、芸術選奨文部大臣新人賞、京都音楽賞実践部門賞など受賞多数。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    プロフィール (441文字)

    [開く]

    作品(16)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (3)

    子供のための作品 (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    間奏曲 (3)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (5)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    演奏音源一覧(1)

    ピティナYouTubeチャンネルの動画 (1)