ホーム > ピアノ曲事典 > 西村 朗

西村 朗 1953 Nishimura, Akira

  • 解説:須藤 英子 (310文字)

  • 更新日:2006年4月1日
  • 大阪市生まれ。東京芸術大学、同大学院に学ぶ。池内友次郎、矢代秋雄、野田暉行、間宮芳生に師事。在学中より、西洋の前衛的な作曲技法を学ぶ一方で、アジアの伝統音楽、宗教、美学等に強い関心を抱く。そこから導いたヘテロフォニー(同一旋律を複数の声部で自由に奏することにより、音程やリズムにずれを生じた状態)の書法は、今日の西村を特徴づける作曲技法となった。巨大なエネルギーと緊張感に満ちたその音響宇宙は、現代音楽ファンのみならず、広く愛好される性質を持つ。現在、東京音楽大学教授、日本作曲家協議会理事。日本音楽コンクール優勝、エリザベート国際音楽コンクール大賞、ルイジ・ダッラピッコラ作曲賞、尾高賞、中島健蔵音楽賞など、受賞多数。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    作品(31)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (2)

    協奏曲 (3)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (9)

    ソナタ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (1)

    子供のための作品 (1)

    トッカータ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    幻想曲 (1)

    解説(0)

    楽譜(0)

    リダクション/アレンジメント (1)

    《さようなら》(西村朗編) 《さようなら》(西村朗編)

    作曲年:1953  総演奏時間:4分40秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (6)

    夢魔 夢魔

    作曲年:1999 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    夜光 夜光

    作曲年:1999 

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    性格小品 (3)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)