ホーム > スカルラッティ, アレッサンドロ

スカルラッティ, アレッサンドロ 1660-1725 Scarlatti, Alessandro

146
  • 解説:宮本 優美 (332文字)

  • 更新日:2007年5月1日
  • イタリアの作曲家。オペラ、カンタータで知られ、18世紀オペラのナポリ楽派の開祖といわれる。

    1660年パレルモ生まれ。72年、12歳でローマへ赴き、教育を受ける。78年結婚。79年に最初のオペラが上演される。84年にナポリに移り、宮廷楽長を務める。ナポリでの18年間に、40余りのオペラ、7曲のセレナータ、9曲のオラトリオ、65曲のカンタータを作曲した。

    1702年、息子のドメニコ・スカルラッティを連れてフィレンツェ、ローマを旅する。03年よりローマのサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂副指揮者。07年には楽長になる。しかしローマでの彼の経済状態は必ずしも良好ではなく、08年にナポリに帰る。16年、ローマ教皇より貴族の称号「カヴァリエーレ」を賜る。25年ナポリ没。

    執筆者: 宮本 優美
    <続きを表示する>

    作品(6)

    ピアノ独奏曲 (3)

    スケルツォ (1)

    スケルツァンド スケルツァンド ホ短調

    調:ホ短調  総演奏時間:0分40秒  Step min ステップレベル:応用1,応用2,応用3,応用4,応用5

    解説(0)

    トッカータ (2)

    トッカータ  トッカータ  イ長調

    調:イ長調  総演奏時間:2分33秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    歌とピアノ (1)

    ★ 種々の作品 ★ (2)

    解説(0)

    楽譜(0)