ホーム > クーラウ > [オペラの旋律による] ロンド

クーラウ :[オペラの旋律による] ロンド Op.98b

Kuhlau, Friedrich:Rondo für Klavier Op.98b

作品概要

出版年:1829年 
初出版社:Copenhagen
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント
総演奏時間:8分20秒

解説 (1)

総説 : ゴーム・ブスク (翻訳:石原利矩 監修:上田泰史) (501文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

・初版譜の詳細 F.クーラウにより作曲されたピアノフォルテ・ソロのためのオンスローの「行商人」の主題によるイントロダクションとロンド、作品98、著作権は編集者にあり、価格10グロッシェン、ライプツィッヒ、C.F.ペーター社の音楽事務所、組合のアーカイブに登録、2460。プレート番号2460は1834年5/6月、9ページ、縦長版、彫版印刷。1834年6月『一般音楽新聞 Allgemeine musikalische Zeitung』の広告のページVIIに広告掲載。  この作品は《フルートとピアノのためのロンド》作品98の編曲である。他のピアノ曲には見られないことであるが、ピアノの後に「ソロ」という言葉が書かれている。1829年1月20日以後に作曲が始まり1829年3月14日出版社に送られた。出版譜は1830年3月末にクーラウとローセ社に送られた。『アドレッセ』紙4月1日号に広告掲載、6月に『一般音楽新聞』広告のページに、1830年8月25日に同ページに寸評が掲載された。  この作品は質の点でも、クーラウ自身の編曲であると考えられるという点でも、彼のピアノ作品に分類されて然るべき作品である。

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)