ホーム > 中田 喜直 > こどものための連弾曲集

中田 喜直 :こどものための連弾曲集

Nakada, Yoshinao:

作品概要

楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:子供のための作品

解説 (1)

解説 : 飯田 有抄 (351文字)

更新日:2018年4月21日
[開く]

1957年に出版された「こどものための連弾曲集」は、中田喜直が連弾用に作・編曲した6

曲を収めている。フランス民謡に基づく「きら きら星よ」、弘田竜太郎作曲「靴が鳴る(お手々つないで)」、草川信作曲「ゆりかごの歌」、中田自身による「めだかのがっこう」など、広く知られる童謡のほか、芥川也寸志作曲の「きゅっきゅっきゅう」や中田の「汽車は走るよ」など、 ユーモラスで軽快なテンポの連弾曲が並ぶ。中田の連弾作品「お母さん遊ぼうよ」は、日本のわらべ歌ふうの旋律が付点リズムを伴って登場する。子どもたちに遊び心をもってピアノ連弾に親しんでもらいたいという作曲者の思いが感じられる。「ゆりかごの歌」の部分的なところを除き、ほとんどの曲でプリモが主旋律を、セコンドが伴奏部分を担当するというシンプルな構成となっている。

執筆者: 飯田 有抄

楽章等 (8)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

汽車は走るよ

Toka ステップレベル:応用6,応用7,発展1,発展2

動画(0)

解説(0)