ホーム > ローゼンブラット > アヴェ・マリア

ローゼンブラット :アヴェ・マリア

Rosenblatt, Alexander:Ave Maria

作品概要

作曲年:2004年 
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:3分20秒

解説 (1)

執筆者 : 加藤 麗子 (401文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

ローゼンブラットのオリジナル作品であるカンタータ『BLAGOVESTIE(ブラゴヴェスチエ)』の一部が、ピアノ連弾用に編曲された。原曲はヴォーカルとオーケストラによる編成。ローゼンブラットがプロデュース・編曲・指揮を行ったCD「THE MASTERS' CROSSOVER」の11曲目のあとに、「Hidden track(隠されたトラック)」として収録されている。

筆者が渡露した折(2004年12月)、2005年3月の初来日公演に向けて急遽もう1曲用意することが決まり、数日後にこの連弾編曲が完成した。初演は2004年12月21日。ロシア公演において、ローゼンブラットとシンキンのデュオがアンコールで披露。そして来日した際にも、同デュオにより息のあった美しい演奏がなされた。譜面はいたってシンプルだが、味わい深い小品。演奏時間は4分半程度。伸びやかなメロディーはできるだけ大きなフレーズで演奏されたい。

執筆者: 加藤 麗子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)